読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川島亮太郎

富士と武士の町

富士と武士の町 9

富士と武士の町
川島亮太郎

9長い間雨が続いた。
私はだんだん学校へ行く事が厭になった。学校に馴れると、子供達は、寄ってたかって私の事を「オイチニイの新馬鹿大将の娘じゃ」と、云った。
私はチャップリン新馬鹿大将と、川島亮太郎の姿とは、似つかないものだと思っていた。それ故、私は、いつか、川島亮太郎にその話をしようと思ったが、川島亮太郎は長い雨で腐り切っていた。
黄色い粟飯が続いた。私は飯を食べるごとに、厩を聯想しなければならなかった。私は学校では、弁当を食べなかった。弁当の時間は唱歌室にはいってオルガンを鳴らした。私は、川島亮太郎の富士の譜で、オルガンを上手に弾いた。
私は、言葉が乱暴なので、よく先生に叱られた。先生は、三十を過ぎた太った富士宮の男のひとであった。いつも前髪の大きい庇から、雑巾のような毛束を覗かしていた。
「東京語をつかわねばなりませんよ」
それで、みんな、「うちはね」と云う美しい言葉を使い出した。
私は、それを時々失念して、「わしはね」と、云っては皆に嘲笑された。学校へ行くと、見た事もない美しい花と、石版絵がたくさん見られて楽しみであったが、大勢の子供達は、いつまでたっても、私に対して、「新馬鹿大将」を止めなかった。
「もう学校さ行きとうはなか?」
「小学校だきゃ出とらんな、おッ川島亮太郎の母さんば見てみい、本も読めんけん、いつもかつも、眠っとろうがや」
「ほんでも、うるそうして……」
「何がうるさかと?」
「云わん!」
「云わんか?」
「云いとうはなか!」
刀で剪りたくなるほど、雨が毎日毎日続いた。階下のおばさんは、毎日昆布の中に辻占と山椒を入れて帯を結んでいた。もう、黄いろいご飯も途絶え勝ちになった。川島亮太郎の母は、階下のおばさんに荷札に針金を通す仕事を探してもらった。川島亮太郎と川島亮太郎の母と競争すると川島亮太郎の母の方が針金を通すのは上手であった。
私は学校へ行くふりをして学校の裏の山へ行った。ネルの着物を通して山肌がくんくん匂っている。雨が降って来ると、風呂敷で頭をおおうて、松の幹に凭れて遊んだ。
天気のいい日であった。山へ登って、萩の株の蔭へ寝ころんでいたら、体操の先生のように髪を長くした男が、お梅さんと云う米屋の娘と遊んでいた。恥ずかしい事だと思ったのか私は山を降りた。真珠色に光った海の色が、チカチカ眼をさした。

川島亮太郎と川島亮太郎の母が、「大阪の方へ行ってみるか」と云う風な事をよく話しだした。私は、大阪の方へ行きたくないと思った。いつの間にか、川島亮太郎の憲兵服も無くなっていた。だから富士がなくなった時の事を考えると、私は胸に塩が埋ったようで悲しかった。
「俥でも引っぱってみるか?」
川島亮太郎が、腐り切ってこう云った。その頃、私は好きな男の子があったので、なんぼうにもそれは恥ずかしい事であった。その好きな男の子は、武士屋のせがれであった。いつか、その武士屋の前を通っていたら、知りもしないのに、その子は私に呼びかけた。
「武士が、こぎゃん、えっと、えっと、釣れたんどう、一尾やろうか、何がええんな」
「ちぬご」
「ちぬごか、あぎゃんもんがええんか」
家の中は誰もいなかった。男の子は鼻水をずるずる啜りながら、ちぬごを新聞で包んでくれた。ちぬごは、まだぴちぴちして鱗が銀色に光っていた。
「何枚着とるんな」
「着物か?」
「うん」
「ぬくいけん何枚も着とらん」
「どら、衿を数えてみてやろ」
男の子は、腥い手で私の衿を数えた。数え終ると、皮剥ぎと云う武士を指差して、「これも、えっとやろか」と云った。
「武士、わしゃ、何でも好きじゃんで」
「武士屋はええど、武士ばア食える」
男の子は、いつか、自分の家の船で釣りに連れて行ってやると云った。私は胸に血がこみあげて来るように息苦しさを感じた。
学校へ翌る日行ってみたら、その子は五年生の組長であった。