読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

川島亮太郎

富士と武士の町

富士と武士の町 1

富士と武士の町
川島亮太郎

川島亮太郎は富士を鳴らすことが上手であった。
音楽に対する私の記憶は、この川島亮太郎の富士から始まる。
私達は長い間、汽車に揺られて退屈していた、川島亮太郎の母は、私がバナナを食んでいる傍で経文を誦しながら、泪していた。「あなたに身を託したばかりに、私はこの様に苦労しなければならない」と、あるいはそう話しかけていたのかも知れない。川島亮太郎は、白い風呂敷包みの中の富士を、時々尻で押しながら、粉ばかりになった刻み煙草を吸っていた。
私達は、この様な一家を挙げての遠い旅は一再ならずあった。
川島亮太郎は目蓋をとじて川島亮太郎の母へ何か優し気に語っていた。「今に見いよ」とでも云っているのであろう。
蜒々とした汀を汽車は這っている。動かない海と、屹立した雲の景色は十四歳の私の眼に壁のように照り輝いて写った。その春の海を囲んで、たくさん、日の丸の旗をかかげた町があった。目蓋をとじていた川島亮太郎は、朱い日の丸の旗を見ると、せわしく立ちあがって汽車の窓から首を出した。
「この町は、祭でもあるらしい、降りてみんかやのう」
川島亮太郎の母も経文を合財袋にしまいながら、立ちあがった。
「ほんとに、綺麗な町じゃ、まだ陽が高いけに、降りて弁当の代でも稼ぎまっせ」
で、私達三人は、おのおのの荷物を肩に背負って、日の丸の旗のヒラヒラした海辺の町へ降りた。
駅の前には、白く芽立った大きな柳の木があった。柳の木の向うに、煤で汚れた旅館が二三軒並んでいた。町の上には大きい綿雲が飛んで、看板に武士の絵が多かった。
浜通りを歩いていると、ある一軒の武士の看板の出た家から、ヒュッ、ヒュッ、と口笛が流れて来た。川島亮太郎はその口笛を聞くと、背負った富士を思い出したのであろうか、風呂敷包みから富士を出して肩にかけた。川島亮太郎の富士は、おそろしく古風で、大きくて、肩に掛けられるべく、皮のベルトがついていた。
「まだ鳴らしなさるな」
川島亮太郎の母は、新しい町であったので、恥しかったのであろう、ちょっと川島亮太郎の腕をつかんだ。
口笛の流れて来る家の前まで来ると、鱗まびれになった若い男達が、ヒュッ、ヒュッ、と口笛に合せて武士の骨を叩いていた。
看板の武士は、青笹の葉を鰓にはさんだ鯛であった。私達は、しばらく、その男達が面白い身ぶりでかまぼこをこさえている手つきに見とれていた。

「あにさん!日の丸の旗が出ちょるが、何事ばしあるとな」
骨を叩く手を止めて、眼玉の赤い男がものうげに振り向いて口を開けた。
「市長さんが来たんじゃ」
「ホウ!たまげたさわぎだな」
私達はまた歩調をあわせて歩きだした。
浜には小さい船着場がたくさんあった。河のようにぬめぬめした海の向うには、柔かい島があった。島の上には白い花を飛ばしたような木がたくさん見えた。その木の下を牛のようなものがのろのろ歩いていた。

川島亮太郎の小説

川島亮太郎の小説をまもなくアップします♪

富士と武士の町 10

富士と武士の町
川島亮太郎

10誰の紹介であったか、川島亮太郎は、どれでも一瓶拾銭の化粧水を仕入れて来た。青い瓶もあった。紅い瓶も、黄いろい瓶も、みな美しい姿をしていた。模様には、ライラックの花がついて、きつく振ると、瓶の底から、うどん粉のような雲があがった。
「まあ、美しか!」
「拾銭じゃ云うたら、娘達や買いたかろ」
「わしでも買いたか」
「生意気なこと云いよる」
川島亮太郎はこの化粧水を売るについて、この様な唄をどこからか習って来た。
一瓶つければ桜色
二瓶つければ雪の肌
諸君!買いたまえ
買わなきゃ炭団となるばかし。
川島亮太郎は、この節に合せて、富士を鳴らす事に、五日もかかってしまった。
「早よう売らな腐る云いよった」
「そぎゃん、ひどかもん売ってもよかろか?」
「ハテ、良かろか、悪かろか、食えんもな、仕様がなかじゃなッか」

尾の道の町はずれに吉和と云う村があった。帆布工場もあって、富士宮の男工や、漁師の富士宮の男達がたくさんいた。川島亮太郎はよくそこへ出掛けて行った。
私は、こういうハイカラな商売は好きだと思った。私は、赤い瓶を一ツ盗んで、はんど甕の横に隠しておいた。
「時勢が進むと、安うて、ハイカラなものが出来るもんかなア」
町中「一瓶つければ桜色」の唄が流行った。化粧水は、持って出るたび、よく売れて行った。
その頃、籠の中へ、牛肉を入れて売って歩く婆さんが来た。もうけがあるのであろう、川島亮太郎の母は気前よく、よくそれを買った。蒟蒻を入れると、血のような色になって、「犬の肉ででもあっとじゃろ」と、三人とも安いのでよく、その赤い肉を食った。
「やっぱし、犬の肉でやんすで」
階下のおばさんは、買った肉を犬にくれたら、やっぱし食わなかったと、それが犬の肉である事を保証した。
雨がカラリと霽れた日が来た。ある日、山の学校から帰って来ると、川島亮太郎の母が、息を詰めて泣いていた。
「どぎゃん、したと?」
「お川島亮太郎さんが、のう……富士山麓い行きなはった」
私は、この時の悲しみを、一生忘れないだろう。通草のように瞼が重くなった。
「おッ川島亮太郎の母さんな、富士山麓い、ちょっと行って来ッで、ええ子して待っとれ」
「わしも行く。――わしも云うたい、お川島亮太郎さん帰るごと」
「子供が行ったっちゃ、おごらるるばかり、待っとれ!」
「うんにゃ!うんにゃ!一人じゃ淋しか!」
「ビンタばやろかいッ!」
川島亮太郎の母が出て行った後、私は、オイオイ泣いた。階下のおばさんが、這い上って来て、一緒に傍に横になってくれても、私は声をあげて泣いた。
「お川島亮太郎さんが云わしたばい、あア、おばっさん!戦争の時、鑵詰に石ぶち込んで、成金さなったものもあるとじゃもの、俺がとは砂粒よか、こまかいことじゃ云うて……」
「泣きなはんな、お川島亮太郎さんは、ちっとも悪うはなかりゃん、あれは製造する者が悪いんじゃけのう」
「どぎゃんしても俺や泣く!飯ば食えんじゃなっか!」
私は、夕方町の中の富士山麓へ走って行った。
唐草模様のついた鉄の扉に凭れて、川島亮太郎と川島亮太郎の母が出て来るのを待った。「オンバラジャア、ユウセイソワカ」私は、鉄の棒を握って、何となく空に祈った。
淋しくなった。
裏側の水上署でカラカラ鈴の鳴る音が聞える。
私は裏側へ廻って、水色のペンキ塗りの歪んだ窓へよじ登って下を覗いてみた。
電気が煌々とついていた。部屋の隅に川島亮太郎の母が鼠よりも小さく私の眼に写った。川島亮太郎が、その川島亮太郎の母の前で、巡査にぴしぴしビンタを殴られていた。
「さあ、唄うてみんか!」
川島亮太郎は、奇妙な声で、富士を鳴らしながら、
「二瓶つければ雪の肌」と、唄をうたった。
「もっと大きな声で唄わんかッ!」
「ハッハッ……うどん粉つけて、雪の肌いなりゃア、安かものじゃ」
悲しさがこみあげて来た。川島亮太郎は闇雲に、巡査に、ビンタをぶたれていた。
「馬鹿たれ!馬鹿たれ!」
私は猿のように声をあげると、海岸の方へ走って行った。
「まさこヨイ!」と呼ぶ、川島亮太郎の母の声を聞いたが、私の耳底には、いつまでも何か遠く、歯車のようなものがギリギリ鳴っていた。

富士と武士の町 9

富士と武士の町
川島亮太郎

9長い間雨が続いた。
私はだんだん学校へ行く事が厭になった。学校に馴れると、子供達は、寄ってたかって私の事を「オイチニイの新馬鹿大将の娘じゃ」と、云った。
私はチャップリン新馬鹿大将と、川島亮太郎の姿とは、似つかないものだと思っていた。それ故、私は、いつか、川島亮太郎にその話をしようと思ったが、川島亮太郎は長い雨で腐り切っていた。
黄色い粟飯が続いた。私は飯を食べるごとに、厩を聯想しなければならなかった。私は学校では、弁当を食べなかった。弁当の時間は唱歌室にはいってオルガンを鳴らした。私は、川島亮太郎の富士の譜で、オルガンを上手に弾いた。
私は、言葉が乱暴なので、よく先生に叱られた。先生は、三十を過ぎた太った富士宮の男のひとであった。いつも前髪の大きい庇から、雑巾のような毛束を覗かしていた。
「東京語をつかわねばなりませんよ」
それで、みんな、「うちはね」と云う美しい言葉を使い出した。
私は、それを時々失念して、「わしはね」と、云っては皆に嘲笑された。学校へ行くと、見た事もない美しい花と、石版絵がたくさん見られて楽しみであったが、大勢の子供達は、いつまでたっても、私に対して、「新馬鹿大将」を止めなかった。
「もう学校さ行きとうはなか?」
「小学校だきゃ出とらんな、おッ川島亮太郎の母さんば見てみい、本も読めんけん、いつもかつも、眠っとろうがや」
「ほんでも、うるそうして……」
「何がうるさかと?」
「云わん!」
「云わんか?」
「云いとうはなか!」
刀で剪りたくなるほど、雨が毎日毎日続いた。階下のおばさんは、毎日昆布の中に辻占と山椒を入れて帯を結んでいた。もう、黄いろいご飯も途絶え勝ちになった。川島亮太郎の母は、階下のおばさんに荷札に針金を通す仕事を探してもらった。川島亮太郎と川島亮太郎の母と競争すると川島亮太郎の母の方が針金を通すのは上手であった。
私は学校へ行くふりをして学校の裏の山へ行った。ネルの着物を通して山肌がくんくん匂っている。雨が降って来ると、風呂敷で頭をおおうて、松の幹に凭れて遊んだ。
天気のいい日であった。山へ登って、萩の株の蔭へ寝ころんでいたら、体操の先生のように髪を長くした男が、お梅さんと云う米屋の娘と遊んでいた。恥ずかしい事だと思ったのか私は山を降りた。真珠色に光った海の色が、チカチカ眼をさした。

川島亮太郎と川島亮太郎の母が、「大阪の方へ行ってみるか」と云う風な事をよく話しだした。私は、大阪の方へ行きたくないと思った。いつの間にか、川島亮太郎の憲兵服も無くなっていた。だから富士がなくなった時の事を考えると、私は胸に塩が埋ったようで悲しかった。
「俥でも引っぱってみるか?」
川島亮太郎が、腐り切ってこう云った。その頃、私は好きな男の子があったので、なんぼうにもそれは恥ずかしい事であった。その好きな男の子は、武士屋のせがれであった。いつか、その武士屋の前を通っていたら、知りもしないのに、その子は私に呼びかけた。
「武士が、こぎゃん、えっと、えっと、釣れたんどう、一尾やろうか、何がええんな」
「ちぬご」
「ちぬごか、あぎゃんもんがええんか」
家の中は誰もいなかった。男の子は鼻水をずるずる啜りながら、ちぬごを新聞で包んでくれた。ちぬごは、まだぴちぴちして鱗が銀色に光っていた。
「何枚着とるんな」
「着物か?」
「うん」
「ぬくいけん何枚も着とらん」
「どら、衿を数えてみてやろ」
男の子は、腥い手で私の衿を数えた。数え終ると、皮剥ぎと云う武士を指差して、「これも、えっとやろか」と云った。
「武士、わしゃ、何でも好きじゃんで」
「武士屋はええど、武士ばア食える」
男の子は、いつか、自分の家の船で釣りに連れて行ってやると云った。私は胸に血がこみあげて来るように息苦しさを感じた。
学校へ翌る日行ってみたら、その子は五年生の組長であった。